当社に対する証券取引等監視委員会による勧告について

平成28年3月18日

お客様各位

OKプレミア証券株式会社
代表取締役社長 三日市 理

当社に対する証券取引等監視委員会による勧告について

 本日、証券取引等監視委員会から当社に対する検査結果に基づき、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して行政処分を行うよう勧告が行われました。
当社は、この度の行政処分勧告を厳粛に受け止めるとともに、問題点の早期究明を図り、投資家保護の観点をより重視した経営管理態勢、並びに内部管理体勢の強化に向け、役職員一同全力で取り組んで参る所存でございます。

なお、この度の勧告対象となった適格機関投資家出資に関しましては、一昨年8月以降新たな出資は行っておらず、また、今後も出資を行う予定はありません。その他、現在償還を迎えていないファンドにつきましても、ファンドの適正性を確保するよう真摯に対応するよう努めて参ります。

平素よりご愛顧賜りますお客様には、多大なご心配とご不安をお掛けいたしますことにつきまして、深くお詫び申し上げます。

以 上

【本件に関するお問合せ先】
OKプレミア証券株式会社 業務部
電話03‐5652‐3801